作業員

ハクビシン駆除する方法【専門の業者に依頼すると便利です】

害獣の駆除や対策をする

ハクビシン

日本全国には害獣が存在しています。地域によって害獣の種類はさまざまで、被害の内容も変わります。畑を荒らしたりする害獣もいれば、家に住み着く害獣もいます。畑などを荒らされてしまうと、農家であれば大事な収入源が削減されてしまいますし、農家でなくても食物を食べれなくなってしまいます。家に住み着くことで家の食材が食べられてしまうほか、悪臭や騒音などの被害に悩まされてしまいます。死骸や糞尿で床や天井などが抜け落ちてしまうこともあるため、早急にハクビシン駆除と対策をすることが大切になります。

害獣の種類はありますがハクビシンという動物の被害が最近多くなっています。ハクビシンはジャコウネコ科の動物です。日本でも生息していますが日本の他にも、中国や東南アジアなどのアジアに多く分布しています。体の大きさは50センチほどで体重は2キロぐらいで軽めなため、家に侵入しやすくなっています。エサに関しては甘いものを好み、果実などをたくさん食べる傾向にあります。主に果樹園などの果実が多い場所に生息しておりますが、生ごみなどを食べることもできるため、住宅街に表れることもあります。そのため、被害の範囲は非常に広く田舎から都会まで幅広いです。

ハクビシン駆除をすることで被害を未然に防ぐ対策などをすることができます。ハクビシンの被害に悩んでいる場合は専門の業者に駆除を依頼することで、簡単にハクビシンを駆除してくれます。また、対策もしてくれます。

専門の業者に依頼する

一軒家

家の侵入口を塞ぐことでハクビシンを家の中に住み着かなくすることができます。しかし、自分で対策をするのは難しいため、専門の業者にハクビシン駆除を依頼したほうが簡単にできます。

Read More

業者に見積もりを依頼する

男性作業員

ハクビシン駆除業者を選ぶことができたら、次は見積もりをしてもらうことになります。見積もりは基本無料ですが業者によっては有料になることもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

Read More

駆除と対策のやり方

作業員の男の人

捕獲器を使ったり侵入口を塞ぐことによって、ハクビシン駆除と対策をすることができます。アフターケアがしっかりしている業者であれば、駆除後に再びハクビシンが住み着いても安心です。

Read More